□月間カレンダー□
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
□速報□
□お友達の輪□
□主張□
宝塚好きです!
組としては・・・
宙組さん大好き!
月組さんも好きです。

好きなジェンヌさん。
・和央ようかさん。
・安蘭けいさん。
・花總まりさん。
・北翔海莉さん。
・和涼華さん。
・大空祐飛さん。
・未涼亜希さん。
・彩那音さん。
浮気モノですみません・・・!
OGの生徒さんでは・・・
・彩輝直さん。
・樹里咲穂さん。
・初風緑さん。
□同盟□
クリックで
主催者様のブログに飛びます。

ナナカズ同盟!


76期同盟!

ミズカナ不滅同盟!








樹里咲穂卒業記念。

□自己紹介□

興味のある方はどうぞ。
宝塚サイトです↓
□分類□
□月ごと□
□一言□
□トラックバック□
□おすすめ?□
BE NATURAL―和央ようか写真集
BE NATURAL―和央ようか写真集 (JUGEMレビュー »)
松岡 茂樹
たかこさんがトップになった年の写真集。
この度、何故か再版されたなと思ったらこれもことの一部でしたか…
色々ショックですが再版はありがたいので
手に出来なかった方はこの機会に是非!(ぇ
□おすすめ?□
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
司馬 遼太郎
永遠のバイブル(笑。
私の土方歳三好きの原点は
ここにあります。
□OTHERS□

孤島の本通り

<< こっちのみーずは | main | 生きてるよー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
何か月ぶり?


こっちはまったく更新してなかったのですが…
カウンターが回っているようで、申し訳ないです。
みくしぃと同じ内容でも更新した方がいいですかね?
っていうか意味ありますかね?

とりあえず今日は同じ内容で更新しておきますww

最近は日常ネタをみくしぃに
宝塚ネタはサイトのブログに
その他現在のぱっしょんはそっちのブログに。

と分け過ぎてここまで内容がまわってきません(笑。

五/十/嵐/圭選手にきゅんきゅんした話とか
ここに詳細書いていいですかね?(笑。

 

明日から2月とか信じたくありません。
こんばんは、高橋です。

先週の土曜日、久々に宝塚を観に行きました。
約1年ぶりの宙組さん。

あんなに宙組さん観ていたのに…
あいやぁ(何。

祐飛さんはやっぱりカッコ良かったですし
野乃すみちゃんは可愛かったし
みっちゃん相変わらず歌、うまー!!でしたが
どうしても、あの時代で小池先生(演出)って
たかこさんのさよなら作品を思い出してしまい…
今はもういない宙っこ(当時)を無意識に探してしまって
切なかったです…。

前々日に社会人になってはじめて
平日夜公演の舞台を観に行ったのですが、
小劇場?で執事物だったのです。

その後に宝塚を観たら
劇場ひっろ!!!
黒燕尾の着こなし別モノ過ぎる!!
と改めて感動(ちょ。

いや、執事も素敵でした。はい。
(ストーリーには難がありすぎましたがww


あれ?社会人バスケを観に行った話は書きましたっけ?
忘れてしまいましたが…
やっぱりスポーツをしている人ってカッコイイですよねvv
会社の先輩と2人で行ったのですが
結構近くで見れて、迫力満点で超ときめきましたww(笑。
チアも居て!
スタンツは全然でしたが
やっぱりダンスかっこいいなーvvと
来月また行く予定なので楽しみです♪


昨日、今日は月一会合で
東京ドームシティのラクーアに行って来ました♪
なかなか広々空間で
またーり出来てよかったです(^^)
もっとリラクゼーションルームを満喫したかったですが…
近くにホテルを取っていたので
時間を気にせずのんびりして、
お部屋でおしゃべり出来て楽しかったですーvv

今日は特撮の映画に付き合ってもらったりww(ちょ。
色々詰め込んだ週末で楽しかったです(>v<。
誕生日プレゼントもありがとうですー!!



ところで再び仕事がはじめて☆なことで
金曜日意味不明なところで止まってしまったのですがww
月曜から自分、大丈夫だろうか…
やっぱりXML入門買うべきだったかなww(立ち読みのみ。
…概念というか大枠は合ってると思うのに…
なんで動かなかったんだろ(凹。
うわーん。

先週に続き打ち合わせが続くけど、
頑張るよー!!
| 日常 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:55 | - | - |









http://kotou-michi.jugem.jp/trackback/353